MENU

債務整理中は貸金業者への返済は不要

債務整理の手続きというのは、すぐに終わるわけではなく場合によっては数ヶ月から一年程度かかってしまうこともあります。お金に困っていて手続きをしているのに、それだけ長い期間がかかってしまえばその間の返済も出来ずに余計に負担が大きくなると思われるかも知れません。しかし、岡山市でも債務整理の手続きを弁護士に依頼した場合には、債務整理手続きに着手してから終わるまでの間に貸金業者に対して返済をおこなう必要ありません。これは、任意整理、特定調停、個人版民事再生など、どのような債務整理手続き方法をを選んだとしても同じです。ご自身で債務整理手続きを進めていく場合には、今まで同様に返済をしなくてはなりませんから、これは弁護士に債務整理を依頼する非常に大きなメリットだと言えます。返済しなくても良い期間というのは、任意整理や特定調停を選択した場合には弁護士が債権者と交渉をして和解が成立するまでです。個人版民事再生を選択した場合には認可決定が確定するまでの期間です。自己破産を選択した場合には、免責決定が出されますと今までの借金は帳消しになりますから今後は返済をする必要がなくなります。その他の方法でしたらまた改めて支払いをしていくことになりますので、返済が不要な期間にしっかりと家計を見直した上で今後の生活の建て直していくための時間として使うことが出来ます。毎日貸金業者からの厳しい取り立てに困っている、返済をしたいけれどもどうしてもお金が出せずに無理な状態である、という場合には岡山市にもある弁護士事務所に依頼をして債務整理をおこなった方が精神的にも楽になるはずです。